Read Article

【新テニスのヒント!】以前の肩書きで勝負は決まらない!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■「新テニスのヒント!」は・・・

元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチ、ベストセラー著者でもある

田中信弥が、言語を通し、あなたのテニスに革命を起こして頂くために、

不定期でお届けしています。(毎日の配信ではありません。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・

「以前の肩書きで勝負は決まらない!」

という題材でお贈りします。

■解説:

「今度、○○大学出身のプレーヤーと試合をするんです。

勝てないだろうなぁ・・・」

試合前に、このような嘆き節をよく聞きます。

ですが、以前の肩書きが、そのまま現在に通用にするかというと、

そうではないことも多いのです。

もちろん、以前、肩書を持っている方が、その後も修練を続けていれば、

厳しい試合となるでしょう。

ですが、修練を怠っていた場合は?

「勝つチャンスがおおいにあるのです!」

今日、以前の肩書だけでは勝負は決まらないことを知ってください。

そして、現在の修練度合いが、結果を大きく左右することも

憶えておいてください。

追伸:

昔の名プレーヤーが、一堂に集う大会があります。

以前、国を代表して戦われていた方々も参加されます。

でも、その方々が負ける姿を、私はたくさん見てきました。

そうです。

「時が経てば、現在、修練を積んでいる人の方が有利!」

そのとき私は、この事実を教えて頂いたのです。

【PR】
【PR】

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top