Read Article

★テニスのヒント【相手に打ち込まれたときの対処法2】

【PR】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「テニスのヒント!」~あなたは変われることを知っていますか?~
元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチの田中信弥が、
“内面からあなたのテニスに変化を起こす”ヒントをお贈りします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■今日のテニスのヒントは、

「コートの真ん中を守ろう!」

■解説:

世界のトッププロならいざ知らず、

「打ち込まれるボールが、毎回、ライン際。」ということはあり得ません。

ならば、打ち込まれる時さえも、「基本はコート中央付近を守る!」

この意識が大切になります。

今日、相手に打ち込まれそうな時、コート中央付近を守る意識を強く
持ってください。

そして、コート中央から左右1歩づつ足を出した範囲。

ここで、相手の打ち込みを処理するよう、頑張ってみてください。

追伸:

「それでは、コートを広くカバーできないのでは?」byあなた

確かに。

ですが、相手からの打ち込みで一番問題視されているのは・・・・・

「打たれる!」

との焦りから出る不必要な動き。(“バタバタ”した動き)

これで、ボールを正確に打つために大切な、“股関節を外してしまう”のです。

ボールを正確に打てないのであれば、コートをカバーする意味はなくなります。

ですから、

「打ち込まれる時に“バタバタ”して、股関節を外さない。

そのためには、コート中央で、“ドッシリ”構えることが有効!」

この意識が大切になります。

その上で、

「相手の打ち込みを、股関節を入れた正しい打ち方で処理できようになったら、
コートを広くカバーする。」

この順番を守れば、

「ただ単に、忙しくコートを這いずり回るだけ。」の選手になることは、

なくなります。

(田中信弥メールマガジンより転載)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top