Read Article

★テニスのヒント【相手に打ち込まれたときの対処法1】

【PR】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「テニスのヒント!」~あなたは変われることを知っていますか?~
元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチの田中信弥が、
“内面からあなたのテニスに変化を起こす”ヒントをお贈りします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■今日のテニスのヒントは、

「打ち込みは、フォアハンドしかないことを知ろう!」

■解説:

「相手に打ち込まれて負けました。」

このようにご報告くださる、中級ウィークエンドプレーヤーの方がいます。

確かにご本人からすれば、打ち込まれて負けた印象があるのでしょう。

しかし、中級レベルのウィークエンドプレーヤーの試合で、打ち込まれて
負けるケースは滅多にありません。

そして、打ち込まれたポイントがあったとしても、大抵はフォアハンド。

つまり、バックハンドで打ち込まれることは、“なし”に等しいのです。

今日、相手に打ち込まれ決められた時は、

「あぁ。これで、当分打ち込まれることはないな!」

と、安心してください。

そして、万全を期すため、相手のバックハンドを狙い続け、フォアハンドを
打たせないようにしてください。

これで、ほぼ相手の打ち込みは避けられます。(中級レベルまでの話です。)

(田中信弥メールマガジンより転載)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top