お見合い

お見合い

ダブルスで、プレーヤーが譲り合った結果、2人の間をボールが通過する様子。 並行陣で前後差をつけずに横に並んだ時や、ペアが打つ気配を感じて遠慮したりするとボールは二人の間をしっかりと抜けていく。 ミックスダブルスに限らず、男性同士・女性同士の場合にも「お見合いをしてしまった」という。仲人はいないし、婚活でもない。 【PR...

レット(Let)

レット(Let)

「やり直す」意味を持つテニス用語 "LET" のこと。 ①サーブにおいて、ネットに触れたボールが所定のエリアに入った場合、「レット」とコールし、やり直しをするように伝える。見たままであるが「ネット!」とコールするのは誤り。 ファーストサーブがネットに触れて入った場合、「レット、ファーストサーブ」とコールするのが正式だが...

ウィナー(Winner)

ウィナー(Winner)

ウィナーとはラリーで相手がボールを少しも触れずに決まったポイントのことで、 他にもサービスウィナーという言葉があり、こちらはサーブで相手がリターンしようとボールに触れるが、強烈なサーブでリターンできなかった時に使われる。 また、エースとウィナーという言葉の意味は似ているが、エースはサーブの時にしか使わず。相手がボールに...

ノット・レディー(Not Ready)

ノット・レディー(Not Ready)

ノット・レディは、レシーバーが構えていないうちに、サービスすることで、ノーカウントとなり、サーブのやり直しとなる。 セカンドサービスでレシーバーの「not ready」でレットになったときは、「セカンドサービス」をやり直すことになり、ファーストサービスにはならないので注意。 「not ready」は、サーバーが「レシー...

アイフォーメーション

アイフォーメーション

アイフォーメイションとは、オーストラリアンフォーメイションの応用で前衛がセンターにかがんでまち、サービスを打った後に左右どちらかに動く奇襲戦法のこと。 プレーヤー2人がセンターコート付近にアルファベットの『I(アイ)』の字のように真っ直ぐに並ぶ形から生まれた。 前衛がサインを出し、サーバーが打ち合わせ通りのコースに打て...

チャンボ

チャンボ

チャンス・ボールの意味。 ダブルスでチャンスボールがきたときに、パートナーに対して「打ち込め!」「決めて!お願い!」という意味をこめて使う言葉。 「チャンボ!」といわれてリキんだ結果、悲劇的に「チョンボ」してしまうことも多く、つかぬまのヌカ喜びに浸ってはいけないのもテニスの常道。 【PR】

フレームショット(Flame shot)

フレームショット(Flame shot)

ラケットのフレームを使って打球する高等技術というより、結果その打ち方となってしまったこと。 もちろん、テニススクールでも教えてくれないし、本人も意図して打っていないが、相手のコートに入った場合にはこれほど有効なボールはない。 上級者ほど、相手のラケットの面とか打たれたボールの音を瞬時に判断し、飛んでくるべき方向に対応す...

ジャスト

ジャスト

ジャストとは「ジャストアウト」の略語で、日本語に訳すと「ちょっとだけアウト」と言ったニュアンスの意味。 テニスの試合中にボールがラインからぎりぎり出てしまった。相手のサービスがわずかにサービスラインを外れてフォールとになった。そんな時に使われる言葉です。 しかし、このジャストは日本固有の言葉であり、国際試合などではジャ...

ジャパン・オープン・テニス(楽天オープン)

ジャパン・オープン・テニス(楽天オープン)

ジャパン・オープン・テニス選手権(Japan Open Tennis Championships)は、有明コロシアム及び有明テニスの森公園で10月初頭に開催されるテニスの国際大会。国内初のオープン大会であり、2008年までは男女同時開催。 2012年現在の大会ランクはATP500シリーズ・ITFサーキット。主催は日本テ...

デビスカップ(Davis Cup)

デビスカップ(Davis Cup)

デビスカップとは 「デビスカップ(Davis Cup)」は国際テニス連盟(ITF)が主催する、男子の国別対抗戦で、日本では「デ杯」と略されます。また、女子のテニス国別対抗戦は「フェドカップ」といいます。 デビスカップは、1900年にハーバード大学の学生選手だったドワイト・フィリー・デビスらの提案を受け入れ、米テニス協会...

Return Top