Read Article

★テニスのヒント【理想の練習メニューとは?】

【PR】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「テニスのヒント!」~あなたは変われることを知っていますか?~
元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチの田中信弥が、
“内面からあなたのテニスに変化を起こす”ヒントをお贈りします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■今日のテニスのヒントは、

「ワンクール15分+2分の休憩で行おう!」

■解説:

テニスのように、習得しなければならないことがたくさんある競技では、
練習時間を区切ることが大切になります。

仮に1回90分の練習であれば、

「ひとつの練習メニューを15分行い、休憩を2分とる。」

この形で進めると良いでしょう。

この方法ですと、ストロ―ク、ネットプレー(ボレー・スマッシュ)、
サービス&リターン、戦術or試合練習と、1回の練習で4つのファクターを
練習できるため、かなり効率的になるからです。

今日、「理想の練習メニューとは、時間を区切って行うことにある。」

このことを知ってください。

そして、テニスという競技特性を考えた場合、

「一つの練習に偏ること=試合で勝ちにくくなる」

この危険性を認識してください。

追伸1:

もちろん、“特打ち練習”が必要な場合もあるでしょう。

その時は、臨機応変に対応してください。

追伸2:

1回、15分+2分ですと合計17分になり、4クールで計算すると
68分になります。

しかし、現実は時間が“ズレる”ことが多いため、22分の余りを作っておく
くらいで4クールを確実にこなすことができます

(田中信弥メールマガジンより転載)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top