Read Article

★テニスのヒント【サービスの構えに入ってから考えるべきポイント2】

【PR】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「テニスのヒント!」~あなたは変われることを知っていますか?~
元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチの田中信弥が、
“内面からあなたのテニスに変化を起こす”ヒントをお贈りします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■今日のテニスのヒントは、

「コートサーフェスを意識しよう!」

■解説:

サービスを打つコースを考える時、欠かせないのはコートサーフェスの速さ。

サーフェスが遅ければ、基本的にバックハンド側。

サーフェスが速ければ、基本的にフォアハンド側に多く打ちます。

サービスの強度、相手のレベルにもよりますが、遅いサーフェスで
フォアサイドに打つと、強打される危険性が高まります。

*(遅いサーフェスで、バックハンドリターンを打ち込まれることは稀です。)

反対に、速いサーフェスでフォアハンドリターンを打ち込むことは、
案外、難しいのです。(ボールが滑り、打点も低くなりがちだからです。)

今日、コートサーフェスの速さを意識して、サービスコースを考えてください。

そして、相手の得手、不得手のショット。

自らのサービスの威力も見定め、総合的に打つコースを決めてください。

(田中信弥メールマガジンより転載)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top