Read Article

★テニスのヒント【ハーバード大の勉強法をテニスに生かすには?】

【PR】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「テニスのヒント!」~あなたは変われることを知っていますか?~
元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチの田中信弥が、
“内面からあなたのテニスに変化を起こす”ヒントをお贈りします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■今日のテニスのヒントは、

「1番復習、2番予習、3番授業にしよう!」

■解説:

授業が1番。予習が2番。復習が3番。

(もしくは、復習が2番。予習が3番。)

多くの方の学び方は上記の通りです。

ですが、ハーバード大学で成績トップ5%以内に入り、同大学院を
成績最優秀で卒業された方は、

1・復習 → 2・予習 → 3・授業

この順序が大切であることを示しました。

今日、あなたのテニス上達も、復習 → 予習 → レッスンで加速する
ことを知ってください。

そして・・・・・

「勉強はストックするもの。血肉にしなければ意味がない。」

このハーバード流勉強法を応用し、

「テニスの技術はストックするもの。頭と体に染みこませなければならない。」

と認識し、復習 → 予習に励んでください。

(田中信弥メールマガジンより転載)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top