Read Article

★テニスのヒント【結果を出す人と出せない人の明らかな違い!】

【PR】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「テニスのヒント!」~あなたは変われることを知っていますか?~
元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチの田中信弥が、
“内面からあなたのテニスに変化を起こす”ヒントをお贈りします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■今日のテニスのヒントは、

「パニックを起こさないようにしよう!」

■解説:

「第1セットを落とした。

第2セットも取られそうだった。

ただ、あの時点でもパニックは起こしていなかったよ。」

これは、フェデラーが負けかけの試合に勝った後に言ったことです。

*(グランドスラム大会です。)

ここから学ぶべきことは、

「結果を出す人は、負けかけでもパニックに陥らない!

結果を出せない人は、負けかけるだけで悲観的になり、
まるで世界の終わりのように感じパニックを起こす。」

今日、負けかけても、まだ負けたわけでもなく、ましてや世界の終りでも
ないことを再認識してください。

そして、常勝フェデラーでさえ、実のところ負けかけの試合から
カムバックしていることがもの凄く多いことを知ってください。

*(彼は、全ての試合を楽勝で勝っているのではありません。

負けないことで王者の地位を手に入れたのです。)

(田中信弥メールマガジンより転載)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top