Read Article

★テニスのヒント【苦手なショットにボールを集めても・・・・・】

【PR】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「テニスのヒント!」~あなたは変われることを知っていますか?~
元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチの田中信弥が、
“内面からあなたのテニスに変化を起こす”ヒントをお贈りします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■今日のテニスのヒントは、

「苦手なショットを打たせる前に、走らせよう!」

■解説:

相手の苦手なショットにボールを集めるのは常套手段。

しかし、それでも通用しないことはあるものです。

背景には、苦手なショットは誰もが慎重になるため、

「ミスしないように気をつけよう!」と考え、

思ったほどミスしてくれないからです。

そこで、そのような場合に遭遇したら・・・・・

「一度走らせてから、苦手のショットを打たせよう!」

こんな風に考えてください。

走らせることで、打つことに対する慎重さをかき消せるからです。

今日、相手の苦手なショットを攻撃しても効果がない場合、
一度、走らせてから苦手なショットを打たせるようにしてください。

そして、場合によっては相手の得意なショットを打たせてから
苦手なショットを打たせるようにしてみてください。

これは、

・「なぜ、わざわざ得意なショットを打たせるのだろう?」

・「来たぁ! 得意なショットを打てるぞぉ。」

このように相手に疑問を感じさせ、感情をヒートアップさせることで
心理的動揺をひき起こし、ミスヒットを誘発させることができるからです。

追伸:

但し、使いどころは注意してください。

やりすぎると逆効果を生みますから。

(田中信弥メールマガジンより転載)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top