Read Article

★テニスのヒント【日露戦争から学ぶ勝利の方程式!】

【PR】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「テニスのヒント!」~あなたは変われることを知っていますか?~
元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチの田中信弥が、
“内面からあなたのテニスに変化を起こす”ヒントをお贈りします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■今日のテニスのヒントは、

「戦略は7つ用意しよう!」

■解説:

日露戦争で日本軍の勝利に貢献した、作戦参謀、秋山真之氏の戦略は、
7段構えでした。

・「1つ目の作戦で勝てなかったときのために・・・」
・「2つ目の作戦で勝てなかったときのために・・・」
・「3つ目の作戦で勝てなかったときのために・・・」
・「4つ目の作戦で勝てなかったときのために・・・」
・「5つ目の作戦で勝てなかったときのために・・・」
・「6つ目の作戦で勝てなかったときのために・・・」

ここまで戦略を立てるということは、「勝つまで戦う!」意志の表れ。

そのおかげで、当時、最強と言われたロシアのバルチック艦隊を破ることが
できたのです。

今日、「これから試合に参加するときは、7つの作戦を立てる!」と
誓ってください。

そして、入念に準備することで、

「“余裕”を持って試合を戦うことが出来る。」ことを感じてください。

(田中信弥メールマガジンより転載)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top