Read Article

★テニスのヒント【守りと攻めの比率とは?】

【PR】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「テニスのヒント!」~あなたは変われることを知っていますか?~
元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチの田中信弥が、
“内面からあなたのテニスに変化を起こす”ヒントをお贈りします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■今日のテニスのヒントは、

「8割が守りで2割が攻め!」

■解説:

守りと攻めの比率をザックリと決めるならば、“8割が守りで2割が攻め”。

*(サービスを除いたショットで考えた場合です。)

特に遅めのコートサーフェス(オム二コートやクレーコート)では、
よぽどの力量の持ち主でない限り、この比率を超えた攻めは無謀と
なるでしょう。

今日、“8割が守りで2割が攻め”の感覚を持ってください。

そして、「強いては、ことを仕損じる!」のことわざ通り、

無理な攻撃はつつしみ、展開で徐々に攻撃できる態勢を作り上げることに
注力してください

(田中信弥メールマガジンより転載)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top