Read Article

ウィンブルドン選手権 – The Championships

Error, no Ad ID set! Check your syntax!

日程:6月最終月曜日から2週の日程で開催
   (2015年より全仏との間隔がないため、1週間後にずらして開催予定)
会場:オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ
    (イギリス/ロンドン)
サーフェス:芝(grass)

ウィンブルドン選手権は、以前の名称は「The Lawn Tennis Championships on Grass」であったが短縮され、現在は「The Championships」が正式名称。

この時期のウィンブルドンは雨が降りやすく、試合が中断される事が多く、日程消化が深刻化したことにより、2009年にはセンターコートに引き込み式屋根が設置された。

ウィンブルドンは4大大会で唯一、芝のコートを利用することでも有名。
そして、試合や練習の際には選手は白いウェアの着用が義務付けられているのも伝統の一つ。

「ウィンブルドン現象」という言葉が生まれるほど、開催国イギリスでありながら、自国の優勝者には恵まれず、1977年の女子シングルス優勝者バージニア・ウェード、1936年の男子シングルス優勝者フレッド・ペリーから2013年のアンディ・マレーが優勝するまで現れず、77年の長い年月を有した。

(ウィンブルドン公式サイト)
All England Lawn Tennis and Croquet Club
Error, no Ad ID set! Check your syntax!
Error, no Ad ID set! Check your syntax!
Return Top