Read Article

【新テニスのヒント!】“自信”のつけかた2

■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、
心から感謝しています。

今回は・・・

【“自信”のつけかた2】

をお贈りします。

■解説:

あなたは、過去の“重荷”を背負い、
生きてはいないでしょうか?

“重荷”とは…

「あの問題は、もう忘れたい…」

「上手く行かなかったなぁ…」

等々、私たちの頭の中にこびりつく、
あの“嫌な奴”のことです。

“重荷”は、一度背負うと大変です。

あなたがどこにいようと、
しつこく付いてくるからです。

(あなたの頭の中にいるわけですから)

そして、しつこく
付きまとわれることで…

いつの間にか
自信喪失が増幅していく。

(頭の中にあるため、
四六時中考えてしまうため。)

これで、だんだんと
自信がなくなっていくわけです。

今日、過去の悪い記憶を
書き換えることで、

“自信”がつくことを憶えてください。

そして…

「私たちの記憶は、

“重荷”を違う見方で
捉え直すためにある!」

という真実も知ってください。

■追伸1:

“重荷”を違う見方で捉え直す天才が…

「失敗はしていない。
上手くいかない方法を見つけただけ!」

byエジソン

もしエジソンが、

「あぁ、俺は失敗ばかり
してきたバカな男だ。

特に、電球を作るときには
10,000回以上も失敗したなぁ。

なんてダメな人間なんだ。

こんな俺のことだ、

これからも、何をやろうが
失敗ばかりが続くだろう…」

と、“重荷”だらけだったら?

えぇ、決して偉大な発明家には、
なっていなかったでしょう。

■追伸2:

“重荷”を背負い込み、

自信をなくして
行動する必要はありません。

過去の“重荷”は、

自信を得られる
ストーリーに書き換える。
(違う見方で捉え直す)

これで万事解決です。

(もともと記憶は“再合成”。

自分の好きなように
書き換えれば良いのです。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■「新テニスのヒント!」は・・・

元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチ、ベストセラー著者でもある

田中信弥が、言語を通し、あなたのテニスに革命を起こして頂くために、

不定期でお届けしています。(毎日の配信ではありません。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【PR】
URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top