Read Article

【新テニスのヒント!】ドロップショットの打ちすぎにつける薬!

■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・

「ドロップショットの打ちすぎにつける薬!」

という題材でお贈りします。

■解説:

ご質問をいただきました。

  ↓

「ドロップショットや、ドロップボレーが好きなのですが、

ついつい使い過ぎてしまい、墓穴を掘っています。

癖のようになっているためか、なかなか止められません。

止める方法があれば教えてください。」

  ↑

なかなか難しい質問ですが・・・

「好きな選手を徹底してマネする!」

という手段があります。

例えば、フェデラー選手。

確かにドロップショットもドロップボレーも打ちますが、

試合全体を通してみれば、打つ回数はごくわずか。

(効果的に使うため印象深いですが、回数を数えれば多くはありません。)

そのため、プレー全体をマネすれば、必然的に打つ回数を減らすことが

できます。

今日、ドロップショットの打ち過ぎから抜け出すには、

好きな選手を徹底してマネすることを試してみてください。

そして。

これはドロップショットに限った話ではなく、自らの悪い癖を矯正するために

大変有効な手段であることも憶えておいてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■「新テニスのヒント!」は・・・

元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチ、ベストセラー著者でもある

田中信弥が、言語を通し、あなたのテニスに革命を起こして頂くために、

不定期でお届けしています。(毎日の配信ではありません。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【PR】
【PR】

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top