Read Article

【新テニスのヒント!】本当にテニスが上手い人と、実は上手くない人との一つの見分け方!

■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・

「本当にテニスが上手い人と、実は上手くない人との一つの見分け方!」

という題材でお贈りします。

■解説:

本当にテニスが上手い人と、“上手そうに見える人”を見分ける

簡易方法があります。

コート真ん中付近の、威力のないボール。

このボールを、常にしっかりと打ち込み、決められる人。

この人が、本当にテニスが上手い人。

逆に。

他のボールの処理は上手くても、コート真ん中付近の威力のないボールは

決められない。(もしくは、ミスを頻繁にする。)

このような方は、テニスが上手そうに見えて、実は上手くないのです。

(定義がたくさんある中、あくまでも一つのフアクターです。)

今日、テニスが本当に上手い人は、コート真ん中の簡単なボールを

確実に決めることを知ってください。

(もしくは、相手を追い込むボールを常に打つことができる。)

そして、この定義が成り立つ背景に、

「“テニスの最高テクニック”の一つに、威力のないボールを

しっかり打ち抜けること!」

この事実があることを憶えておいてください。

追伸:

威力のないボールは、エネルギーがないため、

自分の打ち方が正しくなければしっかり飛びません。

そのため、本物の実力がなければ、毎度、毎度、決めることができないのです。

裏を返せば・・・

相手のボールに威力があれば、多少、間違った打ち方でも良い返球ができて

しまうのです。

(インパクト時の面の向きがあっているだけでも、ボールが飛んで行って

くれるからです。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■「新テニスのヒント!」は・・・

元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチ、ベストセラー著者でもある

田中信弥が、言語を通し、あなたのテニスに革命を起こして頂くために、

不定期でお届けしています。(毎日の配信ではありません。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【PR】
【PR】

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top