Read Article

【新テニスのヒント!】大震災発生から考える、人間的テニス上達法とは?

■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・

「大震災発生から考える、人間的テニス上達法とは?」

という題材でお贈りします。

■解説:

以下は、東日本大震災発生時、現場近くに住んでいた会員様から頂いた

お手紙です。

特筆すべきは・・・

辛さをオブラートに包み、

「大変な目に合ったが、この中で何とかやっていこう!」

との、人間的強さ、決意を感じさせる文体であったことです。

(勇気づけなければならない場面で、逆に勇気づけられました。)

 ↓

「地震発生から数週間の間、ガソリンも給油できず、

車はほとんど走っていませんでした。

街中は自転車通勤者が目立っていましたし、電気も使えないため、

夜間の街中はとても暗い状態でした。

何十年も前にタイムスリップしたように感じましたが、

それも悪くないと感じました。

環境に優しい発電方法(風力発電?)で、多少不便でも、

経済が縮小しても皆がやっていけるのなら、それもいいと思っています。」

 ↑

今日、人の生活周辺には、不確実性が渦巻いていることを再認識してください。

そして。

不幸に見舞われた中でも、希望の光を見出し、前に進む勇気を持ちましょう。

(自戒を込めて!)

■追伸:

もちろん、あなたの豊かな感受性で、今日の「新テニスのヒント!」を、

テニス上達にも生かしてくださればと願っております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■「新テニスのヒント!」は・・・

元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチ、ベストセラー著者でもある

田中信弥が、言語を通し、あなたのテニスに革命を起こして頂くために、

不定期でお届けしています。(毎日の配信ではありません。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【PR】
【PR】

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top