Read Article

【新テニスのヒント!】“馴染み” はいいけど、“慣れ” は駄目!




■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・

「“馴染み” はいいけど、“慣れ” は駄目!」

という題材でお贈りします。

■解説:

「“慣れ”は怖い!」ということです。

例えば、「劇的な成果を手に入れたい」と願います。

達成します。

すると、「もっと劇的な成果を手に入れたい」となるのです。

これは、一見すると、更なる成長を求めているため、良さそうに感じます。

ですが、どんなに偉大な選手でも、どんなに素晴らしい会社でも、

レベルが上がれば上がるほど成長曲線は鈍化しますから、

劇的な成長ばかりに“慣れ”ていると、ちっちゃな成長を褒めることが

できなくなり、結果、努力が続かなくなってしまうという危険性を

はらんでいるのです。

今日、「“馴染み” はいいけど、“慣れ” は駄目!」

ということを憶えてください。

そして。

劇的な成長に“慣れ”てしまうと、小さな成長に満足できない自分を生みだし、

自己否定を始めることがあることにも留意してください。

大事なのは、そこに正しくいること。

つまり、“馴染み”なのです。

追伸:

ナダル選手等、世界トップ選手を見てください。

デビューしたての“ランキングなし”から、ランキングトップに躍り出るのは、

劇的な成長です。

その後、ランキングトップを守ることは、

数字上で言えば劇的ではなくなります。

ですが、ランキングトップを守るために、たゆまぬ努力、

小さな成長を続けます。

これが、そこに正しくいること、“馴染み”です。

劇的な成長を果たした後でも、たゆまぬ努力、小さな成長を続ける彼らに、

真の賞賛を贈りつつ、我々も“馴染み”ましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■「新テニスのヒント!」は・・・

元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチ、ベストセラー著者でもある

田中信弥が、言語を通し、あなたのテニスに革命を起こして頂くために、

不定期でお届けしています。(毎日の配信ではありません。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【PR】
【PR】

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top